女性医師

様々な症状を身体に与える妊娠初期段階の状況を把握しよう

妊娠したらどうするか

診察

妊娠したかもと感じたら

妊娠初期の場合、微熱、なんとなくだるいといったことがあらわれます。早い場合には生理予定日よりも前につわりのような症状が出ることもあります。市販の妊娠検査薬で調べ、陽性と出た場合は産婦人科への受診を検討しますが、その際どの産婦人科に通院したらよいのか悩みます。まず、大切なのは分娩を行っているか、という確認です。分娩を扱っている医院は減少傾向にあるため、立派な施設であっても分娩を扱っていないところがあります。サイトの情報は更新されていないこともあるので、電話で確認をすると良いでしょう。人気のある産婦人科は分娩の扱いはもちろんのこと、小児科と併設されているところです。人気のあるところは分娩の予約を早めにとらないと受け付けてもらえないので注意しましょう。

様々な人に協力を求める

妊娠初期では妊娠がきちんと継続されているか、妊娠初期に起こりやすいつわりの状態、精神面でのケアを中心に行っていきます。最も多い悩みやつわりで、においに敏感になり食べられなくなるため脱水症状を起こすこともあります。産婦人科ではそういったケアも行っているので、気軽に相談をすると良いでしょう。妊娠初期の場合、まだ外面的な変化は現れません。また、流産をしやすい時期でもあるため安定期になるまで周囲に話さないことが多く、体調の変化を理解してもらうのが難しくなります。このような時は親しい友人か、年配の方に相談をするようにします。仕事をしている場合は上司に相談をしておくと、配慮してくれます。妊娠は病気ではありませんが、早めに相談をすると出産後も様々な面でサポートをしてくれます。

妊娠中の栄養摂取

食事中の女性

妊婦の場合には、通常よりも食事内容に気を配ることが求められます。避けるべき食品や必要な栄養素を把握することが、まずは必要です。産婦人科クリニックで行われている栄養指導を利用すると、適切な食事内容が分かります。

View Detail

赤ちゃんのための栄養食品

笑顔の女性

人口減少に向かっている我が国では妊活と出産へのサポートが重要視されています。アクティブライフではこれから生まれてくる子どもや、現在妊娠中のお腹の赤ちゃんのための健康食品を販売しています。30年にわたる信頼と実績があり、多くの妊婦や主婦から支持を得ています。離乳期の赤ちゃんでも安心して食べられます。

View Detail

不妊に悩む夫婦に

薬

晩婚化の影響もあって不妊に悩む夫婦が増えていますが、不妊は栄養不足の影響もあります。妊活サプリはそんな不妊に悩む人が必要な栄養素を手軽に摂取するのに役立つサプリです。妊活サプリはあくまでも栄養を補助するためのものであり、100%妊活サプリに頼るのではなく生活習慣の見直しも大切なので注意が必要です。

View Detail